スポンサーリンク


トヨタ、アベンシスののフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

■もくじ
・発売時期
・デザイン
・ハイブリッド登場か
・TNGAプラットフォーム採用
・予防安全性能
・価格
・車の買い替えを検討中の方へ


発売時期

新型アベンシスの発売時期は、2018年中途予想されています。

デザイン

新型アベンシスは、「キーンルック」というデザインが採用されるでしょう。

現行アベンシスもキーンルックが採用されていますが、最近のトヨタ車のデザインの流れを考えると、ヘッドライトやリヤコンビランプに涙目のようなデザインが追加されるものと予想されています。

新型アベンシスのテスト車両です。
avensis3.jpg

avensis4.jpg

avensis5.jpg出典:autoweek.nl

ハイブリッド登場か

新型アベンシスには、プリウスと同じハイブリッドシステムが搭載されるという情報が入っています。

アベンシスはプリウスよりも大きいので、プリウスと同じハイブリッドシステムで大丈夫か?という疑問も湧いてきますが、アベンシスの重量は1,470kgと、プリウスよりも100kgほどのプラスです。

3代目プリウスのシステムが搭載されているノア、ヴォクシーなどに比べると100kgほど軽いので、必要最低限のパワーは持っていると考えて良いでしょう。

TNGAプラットフォーム採用

新型アベンシスには、TNGAプラットフォームが採用されるでしょう。

これは、プリウスやC-HRに採用されているもので、低重心、高剛性を実現し、格段に良くなったと上々の評判です。

アベンシスは、「欧州で鍛えられた走り」などと、走りをアピールしている車ですが、ボディ剛性などが少し物足りない。というのが正直なところです。

TNGAプラットフォームの採用により、クラスNo1レベルの走りを手に入れるかもしれません。

そうなると、パワートレインが2.0Lガソリン車と1.8Lハイブリッドでは少し物足りないような気がしますね。

予防安全性能

新型アベンシスには、トヨタセーフティセンスC、もしくはトヨタセーフティセンスPが搭載されます。

現行アベンシスにはトヨタセーフティセンスCが搭載されていますが、フルモデルチェンジでトヨタセーフティセンスPが採用されるのではないかという情報もあります。

トヨタセーフティセンスCとPの大きな違いは、

・自動ブレーキが歩行者に対応しているか否か
・レーダークルーズコントロールがついているか否か

です。

いずれにせよ、どちらかは搭載されるでしょう。

価格

TNGAプラットフォームの採用などにより基本性能が向上することもあり、新型アベンシスの価格は現行よりも高くなるでしょう。

新型アベンシスの予想価格は、
ガソリン車・・・285万円~
ハイブリッド車・・・330万円~

です。

新型アベンシスは、販売拡大を目指して全チャネル(トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店)で販売される可能性もあります。

弟分ともいえるオーリスは、2016年にハイブリッドモデルを投入し、全チャネルで販売されています。

しかし、販売台数はさほど増えておらず、成功したと言える状態ではありません。

新型アベンシスは、シャシーから一新されるので、走りの良さと合わせてアピールすることができるかどうかが注目されます。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None