スポンサーリンク


トヨタのミニバン、ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジ最新情報をお伝えします。

■もくじ
・発売日
・デザイン
・燃費
・グレード再編
・価格
・その他
・ノア、ヴォクシーを検討中の方へ

発売日

ノア・ヴォクシーのマイナーチェンジは、2017年7月3日に実施されると予想されています。

同じく兄弟車、エスクァイアも同時期にマイナーチェンジされるでしょう。
エスクァイアのマイナーチェンジ情報はこちらから
エスクァイア マイナーチェンジ 2017年モデル 画像、価格、変更点

デザイン

デザインは、フロントマスクとリヤコンビランプ周り、アルミホイールなど、小さな変更にとどまります。

インテリアも、現行とほどんど変わらないながら、若干のイメージチェンジを図る程度の変更になるでしょう。

リヤコンビランプは、最近流行りのチューブ導光が採用されるということです。

現行ノア
noah3.jpg

現行ヴォクシー
voxy2_201701261957430e0.jpg

燃費

新型ノア・ヴォクシーには、新しい2.0Lエンジンが搭載されるといわれています。

これは、「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるもので、熱効率を高めて、最大25%の燃費向上が実現されるといわれているエンジンです。

新型カムリに搭載された2.5Lエンジンを皮切りに、2.0Lのモデルも開発が進められているということです。

現行ノア・ヴォクシーの2.0Lガソリン車の燃費は、16.0km/L、ハイブリッド車の燃費は、23.8km/Lです。

これが25%向上するとなれば、ガソリン車で20km/L、ハイブリッド車は30km/Lに達することになります。

新型エンジンの搭載がマイナーチェンジかフルモデルチェンジの時になるかはまだ分かりませんが、マイナーチェンジで新型エンジンが搭載されれば、圧倒的な低燃費を実現することになるでしょう。

グレード再編

マイナーチェンジに伴い、グレードの再編が行われるでしょう。

ノア、ヴォクシーのベースグレード、
ノアX Vパッケージ、ヴォクシーX Cパッケージは廃止。

特別仕様車、ノアSi W×B、ヴォクシー煌Ⅱは販売終了。

G'sも一旦販売終了となり、秋以降に名前を変えて、GR、GRスポーツという名前になって復活する予定です。

スポーティーグレードのノアSi、ヴォクシーZSには、クルーズコントロールが標準装備となるでしょう。

価格

新型ノア・ヴォクシーは、現行よりも5万円程度の価格アップが予想されています。

ガソリン車は233万円程度~
ハイブリッド車は、305万円程度~

になるでしょう。

XグレードにまでトヨタセーフティセンスCが標準装備になるのではないかという情報もあり、そうなればXグレードの値上げ幅はもう少し大きくなるでしょう。

その他

その他、変更が予想されている点を紹介します。

・カラーの変更
・ガソリン車にもシートヒーター採用
・USB電源採用
・バックドアイージークローザー採用
・パワースライドドア予約ロック機能
・カラーインフォメーションディスプレイ搭載

以上のような変更点が予想されています。

また新しい情報が入りましたら、更新します。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None