スポンサーリンク


マツダは、ロードスターに限定色クラシックレッドを設定し、2月28日まで限定販売します。

今回は、ロードスター、クラシックレッドについて紹介していきます。

発売日

ロードスター、クラシックレッドは、2017年1月13日に発売されました。

2月28日までの限定販売です。

デザイン

デザインはベースとなる4代目ロードスターと同じですが、カラーが初代ロードスターに採用されたレッドとなっています。

roadred.jpg

roadred2.jpg出典mazda

初代ロードスターの「クラシックレッド」を、マツダ最新の水性塗装技術、アクアテック塗装で忠実に再現したということです。

アクアテック塗装とは、環境負荷物質の排出を大幅にカットできる新しい塗装技術のことです。

アクアテック塗装について詳しくはこちら
http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/env/other/paint_tech/

ロードスタークレシックレッドの実車が、以下の場所で展示されます。
1月27日~29日 マツダR&Dセンター横浜
2月10日~12日 大阪オートメッセ2017
2月20日~24日 マツダ広島本社

実車を確認したい人は上記の場所へどうぞ。

スペックなど

ロードスター、クラシックレッドは、現行ロードスターに初代を再現したカラーを塗装したものなので、スペックは現行ロードスターと変わりません。

グレード構成も現行ロードスターと同じです。

全長3,915mm×全幅1,735mm×全高1,235mm 最高出力・・・131ps/7000rpm
最大トルク・・・15.3kgf・m/4800rpm
燃費・・・17.2km/L

価格

ロードスター、クラシックレッドは、特別塗装色として、32,400円高となります。

ソウルレッドプレミアムメタリックは54,000円高なので、それよりは安いということになります。

各グレードごとの価格は現行ロードスターと同じです。

S・・・MT2,494,800円
Sスペシャルパッケージ・・・MT2,700,000円、AT2,808,000円
Sレザーパッケージ・・・MT3,142,800円、AT3,142,800円

です。

スポンサーリンク


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None