スポンサーリンク


昨今急速に普及が進んでいる自動ブレーキですが、最近では歩行者にも対応した自動ブレーキの普及が進んでいます。

そんな事情に対応して、平成28年度より、自動車アセスメントの予防安全性能評価において、対歩行者の自動ブレーキ性能も評価されることとなりました。

12月3日に平成28年度上期分が公表され、マツダ・アクセラが最高得点を獲得した。ということはニュースなどでもご存じの方は多いかと思います。

その他の車種も気になるかと思いますので、今回は自動車アセスメント予防安全性能評価の最高評価ASV++を獲得した車種を全て紹介します。

asv_20161204101940e50.jpg

メーカー別に紹介します。(カッコ内は獲得得点。71点満点。)
対車両自動ブレーキは32点満点、対歩行者自動ブレーキは25点満点。

レクサス
・レクサスGS(67.9点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・21.9点

・レクサスRX(68.0点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・22.0点

トヨタ
・プリウス(68.1点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・22.1点

・クラウン(67.3点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・21.3点

ホンダ
・フリード(58.4点)
対車両自動ブレーキ・・・31.9点
対歩行者自動ブレーキ・・・12.5点

マツダ
・アクセラ(70.5点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・24.5点

スバル
・インプレッサ(68.9点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・22.9点

・フォレスター(69.5点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・23.5点

・レヴォーグ(68.5点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・22.5点

・レガシィ(68.0点)
対車両自動ブレーキ・・・32点
対歩行者自動ブレーキ・・・22点

スズキ
・イグニス(66.3点)
対車両自動ブレーキ32点
対歩行者自動ブレーキ20.3点

以上のようになっています。

対車両の自動ブレーキは、ホンダを除いて満点です。
対歩行者の自動ブレーキも、ホンダは少し点数が低いですね。

全車種試験を実施したわけではないので、以下同等のシステム

レクサス・・・レクサスセーフティシステムプラス
トヨタ・・・トヨタセーフティセンスP
ホンダ・・・ホンダセンシング
マツダ・・・アドバンスドスマートシティブレーキサポート
スバル・・・アイサイトver3
スズキ・・・デュアルカメラブレーキサポート

搭載車は、それぞれ今回の試験車両と同程度の性能を有しているのではないかと推測できます。

今後は、各社対歩行者の自動ブレーキ性能の向上が求められるところです。

今回評価を受けた車達は、国土交通省が選択したわけではなく、メーカーが自ら選択した車両で試験を受けたということです。

「自動ブレーキなら日産!」と言っている日産の性能も気になるところですが、今回はありませんでした。
自信がなかったのかな?と勘ぐってしまいますが、今後の試験結果に注目です。

スポンサーリンク


■車の買い替えを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度で、その場で概算価格が分かります。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!

一括査定サイトの活用方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
あなたの愛車を少しでも高く売るために・・・
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None