スポンサーリンク


先日発売されたばかりの、新型セレナですが、不具合が発覚し出荷停止となったようです。

serena14.jpg

■出荷停止の原因

新型セレナが出荷停止になった原因は、アイドリングストップ機能の不具合が原因ということです。

停止時、停止直前時にエンジンが止まるわけですが、再始動する際にエンジンがうまくかからない可能性があるようです。

これは結構日常使用にも影響のある重大な問題ですね。

■自動運転機能は大丈夫なの?

日産は、今のところ自動運転機能に問題はない。としています。

ただ、アイドリングストップという以前からある機能でエンジンが掛からない。という初歩的な?不具合が発生していることから、もっと複雑であろう自動運転は大丈夫なの?と不安を持つユーザーも多いでしょう。

何事も初物には不具合がつきものですから、自動運転機能の評判が出回ってから購入するか決めたほうが良いかもしれません。

プロパイロット自体、20万円以上する高い機能ですから、つけなければよかった。ということになってしまっては勿体無いですからね。

■出荷再開はいつ?

日産としては、9月中旬には出荷を再開したい。ということです。

納車待ちをしている方は、2~3週間程度の遅れは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

※追記
9月12日~出荷再開となりました。
思ったよりも出荷停止期間は短かったですね。

9月12日現在注文した場合は、10月末ごろの納車になるようです。

新型セレナの最新情報は、こちらからどうぞ。
セレナ 新型 カタログ情報!価格、内装、エンジンなど最新情報

スポンサーリンク


■新型セレナを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None