スポンサーリンク


ホンダ、フリードのフルモデルチェンジに伴って、フリードプラスという派生車種が発売されました。
フリードプラスは、フリードスパイクの後継車で、2列シート5人乗りの車です。

今回は、新型フリードプラスの最新情報をお伝えします。

■もくじ
・発売日
・デザイン
・グレード別装備
・価格
・カラーラインナップ
・車中泊はできるの?
・フリードプラス専用オプション
・フリードプラスを検討中の方へ


■発売日

新型フリードプラスの発売日は、2016年9月16日です。

■デザイン

デザインは、新型フリードと同じです。

freed1_20160710024336ea7.jpg

freedp5.jpg

リアのFREED+エンブレムが判別ポイントです。

■グレード別装備

<ガソリン車>
ガソリン車は、下から、B、G、Gホンダセンシングというグレード構成です。

主な装備は、
B(FFのみ)
・フルオートエアコン
・スマートキー
・荷室用ユーティリティボード
・ユーティリティナット
・スライドドアイージークローザー
・VSA

G(FF,4WD。Bに加えて)
・助手席側パワースライドドア
・メタル調インストルメントパネル
・助手席シートバックポケット
・センターテーブル

Gホンダセンシング(FF,4WD Gに加えて)
・ホンダセンシング
・運転席側パワースライドドア

<ハイブリッド車>
ハイブリッド車は、下から、HYBRID B,HYBRID Gホンダセンシング、HYBRID EXというグレード構成です。

主な装備は、
HYBRID B(FFのみ)
・フルオートエアコン
・スマートキー
・荷室用ユーティリティボード
・ユーティリティナット
・VSA
・スライドドアイージークローザー

HYBRID Gホンダセンシング(FF,4WD HYBRID Bに加えて)
・ホンダセンシング
・LEDヘッドライト
・LEDアクティブコーナリングライト
・両側パワースライドドア
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・助手席シートバックポケット
・センターテーブル
・プラズマクラスター搭載フルオートエアコン(4WD)

HYBRID EX(FFのみHYBRID Gホンダセンシングに加えて)
・サイドエアバッグ
・サイドカーテンエアバッグ
・運転席、助手席シートヒーター
・プラズマクラスター搭載フルオートエアコン(FF)
・専用コンビシート
・本革巻ステアリングホイール
・インテリアイルミネーション
・木目調インストルメントパネル
・ロールサンシェイド
・シートバックアッパーポケット
・15インチアルミホイール

基本的に、新型フリードに準じますが、荷室用ユーティリティボードや、ユーティリティナットが追加されます。

■価格

新型フリードプラスの価格は、

<ガソリン車>
2WD
B・・・190万円
G・・・200万円
Gホンダセンシング・・・212万円

4WD
G・・・223.2万円
Gホンダセンシング・・・235.22万円

<ハイブリッド車>
2WD
B・・・227.6万円
Gホンダセンシング・・・251.6万円
EX・・・267.6万円

4WD
Gホンダセンシング・・・274.82万円

■カラーラインナップ

新型フリードプラスのカラーは、全9色です。

・ブルーホライゾンメタリック
・シトロンドロップ
・コバルトブルーパール
・プレミアムディープロッソパール
・マンダリンゴールドメタリック
・ホワイトオーキッドパール
・ルナシルバーメタリック
・モダンスティールメタリック
・クリスタルブラックパール

freed10_20160805181733738.jpg

freed27.jpg

■シートアレンジ

フリードプラスで車中泊を考えている方も多いかと思います。

車中泊にも使える、新型フリードプラスのシートアレンジを紹介します。

・おやすみモード
freedp6.jpg

・ロングラゲッジモード
freedp7.jpg

・ビッグラゲッジモード
freedp8.jpg

・ハーフラゲッジモード
freedp9.jpg

・ノーマルモード
freedp10.jpg

専用ラゲッジクッションマットも用意されており、21,600円です。
布団代わりに使えそうです。

■フリードプラス用オプション

フリードプラスには、フリードにはない専用オプションも多数用意されています。

・ルーフラック(15,120円)
ラゲッジルーム上部に収納を追加することができます。

・ラゲッジマルチボード(43,200円)
ラゲッジルームを上下に分割してい、荷物を整理できます。

・ラゲッジトレイ(17,280円)
水洗いできる防水素材でできており、濡れた荷物も気にせず積載することができます。

・スライドレールシステム(15,120円)
クロスバーやユーティリティフックを取り付け、スライドさせ移動することのできるアイテムです。

・クロスバー(9,720円)
ラゲッジルームをポールで仕切ることがデキます。
スライドレールシステムと合わせて利用することで、移動させることができます。

収納に関するオプションが豊富ですね。

その他、新型フリードの最新情報は、こちらをご覧ください。
フリード フルモデルチェンジ 価格、内装など最新情報!

スポンサーリンク


■新型フリードプラスを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せます。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None