スポンサーリンク


フォルクスワーゲン、ポロのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

発売時期

新型ポロは、2017年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされると予想されています。

日本発売は2017年末頃になるでしょう。

デザイン

デザインは、VW車らしく、直線的なデザインを引き継ぎます。

次期ポロ予想画像

polo2.jpg出典:autobild.de

polo3.jpg 出典:autobild.de

新型ポロのほぼ完成形の姿が撮影されています。

polo3_201705260110221ab.jpg

polo4.jpg出典:carscoops

現行型よりも質感が上がり、そしてワイドになったようにも見えます。



現行ポロの全幅は1,685mmと5ナンバーサイズですが、新型ポロは3ナンバーサイズになるかもしれません。

パワートレイン

新型ポロには、

・1.0Lターボエンジン
・1.4Lターボエンジン
・2.0Lターボエンジン

が搭載されるといわれています。

詳細スペックは、調査中です。

走り

新型ポロには、ゴルフ7から採用されている、MQBが採用されます。

MQBは、トヨタのTNGAに似た思想のプラットフォームで、コスト削減と基本性能の向上を同時に実現する。というものです。

剛性がアップし、走りが良くなるのは間違いないでしょうが、MQBはコストカットは思うようにいっていないようですね。

次期ポロも、国産コンパクトカーでは味わえないようなしっかりとした走りが実現されそうです。

サイズ

ポロは、フルモデルチェンジを重ねるごとに少しずつ大きくなっています。

現行ポロは、全長3,995mm×全幅1,685mm×全高1,475mmです。

新型ポロの予想サイズは、
全長4,000mm×全幅1,695mm×全高1,470mmと、日本の5ナンバーサイズを維持すると予想されています。

価格

ディーゼル不正問題で低迷した販売をテコ入れしようと、199万円にまで値下げされたポロですが、新型では200万円台に戻ると予想されています。

新型ポロの価格は、220万円程度~となるでしょう。

詳しい価格は、為替相場にもよるため、またお伝えします。

安全装備

現行ポロにも、
・プリクラッシュブレーキシステム
・ドライバー疲労検知システム
・エマージェンシーストップシグナル
・ブレーキアシスト

などの予防安全装備が搭載されていますが、新型ポロでは更に安全装備が充実すると予想されています。

具体的には、ゴルフと同等の安全装備
・レーンキープアシストシステム
・ブラインドスポットディテクション
・リヤトラフィックアラート
・プロアクティブオキュパントプロテクション

が搭載されるでしょう。

コンパクトカーとしては一歩進んだ安全装備となりそうです。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None