このページにたどり着いた方は、少しでも高く車を売りたい!と思っている方でしょう。
あなたの車を少しでも高く売る方法、注意点を紹介します。

まず、車を売るには、二通りの方法があります。
・車を買い換えるディーラーで下取りに出す
・買取専門店に売却する

それぞれのメリット、デメリットを紹介します。

■車を下取りに出すメリット、デメリット

下取りのメリットは、手間がかからない。ということです。
下取りの査定などをディーラーに任せ、納車の日に下取り車から新車に乗って帰るだけです。

下取りのデメリットは、買取りに比べると査定額が安くなりがちだ。という点です。
ディーラーは、中古車の販売よりも新車の販売が業務の中心です。
そのため、買取業者に比べると販路も少なく、査定額が安くなってしまいがちです。

■車を買取りに出すメリット、デメリット

買取のメリット、デメリットは下取りの逆ということになります。

買取のメリットは、下取りよりも高く売れる。ということです。
各買取専門店は、車を一台でも多く買い取って売却し、利益を得るのが仕事です。
自社で販売の他、自動車オークション、海外輸出、部品取りなど、様々な販路を確立しています。
その為、自社でのU-CAR販売が中心となるディーラーの下取りよりも高値で買取ってもらうことができます。

また、下取りで査定してもらうディーラーは一つであるのに対し、買取業者はたくさんあります。
一括見積もりを依頼して競合させることによって、より高値を引き出すことができます。

買取のデメリットは、各買取業者に査定をしてもらわないといけないため、手間がかかる。ということです。
ただ、今はネットでの一括無料査定などが普及しており、その手間は最小限で済むようになっています。
パソコンやスマホが使える環境であれば、買取のデメリットは最小化されているといえます。

さて、ここまで、一括査定を使えば高く売れますよ。といったことを書いてきましたが、場合によっては下取りに出したほうが高く売れることもあるんです。

■下取りの方が高く売れる時

新車に乗り換える場合に限り、下取りの方が高く売れる場合があります。

新車の場合、本部から車両本体からの値引きを制限されている場合があります。(各メーカーの新型車や、最近のマツダ車、レクサス車など)

そんな時、下取り額を増額して、値引きを兼ねることがあるのです。

最近の例で言えば、新型プリウスは、車両本体価格からは10万円までしか値引きできない。といった時期がありました。

例えば、15年落ちで、買取業者に売っても5万円にしかならない車を下取りに出し、新型プリウスを購入するとします。

そんな時、プリウスを売りたい営業マンは、
新型プリウスSグレード・・・248万円-10万円=238万円
下取り価格・・・20万円
支払金額・・・218万円
なんてことをしてくれることがあります。
(あくまで一例です。実際はオプション価格や諸費用がかかってきますので。)

車両本体価格からの値引きは10万円までに制限されているため、もし買取業者に車を売ってしまうと、
新型プリウスSグレード・・・248万円-10万円=238万円
買取業者に売ったお金・・・5万円
支払金額・・・233万円

となり、下取りに出したほうが得になる。ということもあるのです。

買取業者の方が絶対に高く売れると思い込んで、下取りという選択肢を全くなくすのではなく、買取業者での査定額を把握しておいた上で、ディーラーでの下取り金額も一応聞いておかないと、損をしてしまうことがある。ということです。

なお、中古車に買い換える場合はあまりこういうことはないので、比較せずに買取業者に売ってしまっても良いでしょう。

いずれにしても、まずは複数の買取業者を競争させて、少しでも高い査定額を引き出しておくことが大切です。
その後、下取り額と比較して、最終的な支払金額が少なくなる方へ売却するのが最良の選択です。

当サイトでも、各記事の下の方で一括無料査定のサイトを紹介しています。

この比較サイトは、2016年9月時点で215社の買取業者から高く買取ってくれる業者を探すことができ、私が知る中で最多です。 (もちろん、215社から一気にメールや電話がきたりすることはありません。高価買取が可能な最大10社をチェックで選択できます。)


ぜひ、少しでも高く車を売って、好きなオプションをつけたり、グレードを上げたり、カーライフを楽しんでください。
 カテゴリ
 タグ
None