スポンサーリンク


マツダ、アテンザがマイナーチェンジされました。
今回は、新型アテンザの画像、価格、新機能など、改良点を紹介します。

■新型アテンザの発売日

新型アテンザの発売日は、2016年8月25日です。

■デザインの変更

エクステリアの変更点は、ほとんどありません。

atenza_20160519194823a20.jpg

新色、マシーングレープレミアムメタリックが登場します。
atenza3_20160827113729a35.jpg

インテリアは、Lパッケージを中心に大きな変更が行われました。
atenza4.jpg

L Packageには、天井とピラーをブラックにし、ホワイトとブラックの2種類のインテリアカラーを設定することで落ち着きあるインテリア空間を表現。 シート素材は上質でしっとりした滑らかな触感のナッパレザーを採用しました。 インパネデコレーションパネルやドアトリムスイッチ、シフトパネルは専用カラーでコーディネートし、 パワーシートスイッチ、グローブボックスのノブも専用加飾で高品質感を演出しています。出典:mazda


■安全性能の向上

これまで、アテンザの自動ブレーキ性能は、4km/h~30km/hでしか作動しない、車格に見合わない低スペックなものでした。

新型アテンザでは、自動ブレーキの作動速度域が4~80km/hになりました。

また、歩行者に対しても作動するようになりました。

■走行性能の向上

Gベクタリングコントロールが搭載され、コーナリング性能がアップします。

Gベクタリングコントロールとは、ステアリング操作に連動してエンジン出力を緻密に制御し、安定したコーナリングを実現する機能です。

G-Vectoring Controlは「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾。ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールします。タイヤの接地荷重を最適化して人間の身体感覚に合った自然で滑らかな車両挙動を実現する制御技術です。出典:mazda


■快適性能の向上

2.2Lディーゼルターボエンジンに、ナチュラルサウンドスムーザーが採用されます。

これは、ディーゼルエンジン特有のガラガラ音を抑制するもので、ガソリンエンジンに近い静粛性を実現します。

Lパッケージには、フロントドアガラスに遮音ガラスが採用され、更に静粛性が高められます。

■価格

新型アテンザのグレード別価格を紹介します。

20S・・・2,764,800円
20Sプロアクティブ・・・2,867,400円
25SLパッケージ・・・3,364,200円

XD・・・3,175,200円
XDプロアクティブ・・・3,277,800円
XDLパッケージ・・・3,774,600円



スポンサーリンク


■新型アテンザを検討中の方へ


全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None