スポンサーリンク


トヨタ、カローラアクシオのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。。

5ナンバーセダンの定番であるカローラアクシオは、2018年にフルモデルチェンジ予定です。新型カローラアクシオの注目ポイント、ハイブリッドの燃費やTNGAプラットフォーム採用など、最新情報をお伝えします。 axio.jpg

海外では、どんどんサイズアップし既に3ナンバーサイズとなっているカローラですが、日本向けの新型カローラアクシオは、これまで通り5ナンバーサイズを維持します。

海外向けカローラ。
全幅は1680mmもあります。
corolla_2016050615321342a.jpg

新型カローラアクシオは、TNGAプラッフォームを採用し、燃費や走りが更に向上します。
5ナンバーサイズを維持するために、ヴィッツやアクアなどと同じTNGA-Bプラットフォームが採用されます。

ガソリン車には、1.3Lと1.5Lエンジンが搭載されます。

新型エンジンの搭載はありませんが、エンジンの改良などで25km/L程度にまで向上し、同クラスのガソリン車としてはトップクラスの燃費を実現します。

ハイブリッド車には、1.5L+モーターのシステムが搭載されます。

ハイブリッド車の方は、新型アクアにも搭載される新しいハイブリッドシステムが搭載されます。

現在、カローラアクシオハイブリッドの燃費は33.8km/Lですが、新型では38km/L程度にまで向上すると予想されています。

ちなみに、アクアの方は45km/Lを達成するのではないかと言われています。
次期アクア モデルチェンジは2017年!燃費は45km/L?【アクア 新型 最新情報】

新型カローラアクシオのデザインに関する情報はまだ入ってきていませんが、更に押し出しの強いデザインになることが予想されます。

カローラアクシオは購入者の年齢層も高いですから、あまり派手なデザインにし過ぎないほうが良いきもするのですが。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク


■車の買い替えを検討中の方へ。

全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None