スポンサーリンク


トヨタは、今後の自動運転技術に対する考え方を発表しました。

toyota.jpg

全ての人に移動の自由を提供する。
ドライバーが運転したい時に運転を楽しめない車は作らない。
運転したくない時、できない時は安心して車に任せることができ、人と車が協調する自動運転車を作る。


という方針です。

トヨタは、これまで自動運転技術は、あくまでも人間が安心して運転するための、サポート機能であり、人が全く介入しない自動運転車は作らないという方針でいました。

ところが、今回の発表で、
「運転したくない時、できない時は安心して車に任せることができ」とあるので、全く人が介入しない運転も出来るような完全自動運転技術を開発する。ということになります。

完全自動運転車では、米グーグルや、日産もハンドルが格納されるコンセプトカーを発表していましたね。

これらのライバルに対抗するため、完全自動運転技術の開発が必要と判断したのでしょう。

「ドライバーが運転したい時に運転を楽しめない車は作らない。」ともあるので、そもそもハンドルが無かったり、人が介入する余地のない車は作らない。ということでしょう。その辺はグーグルとは違いますね。

個人的には、トヨタが運転手ありきの車を販売している間に、グーグルなどが完全自動運転車を発売し、iPhoneのように一気にシェアを持って行かれてしまうようなことがあるのでは?と思っていたので、良いニュースでは?と思います。

完全自動運転車が普及するにはまだまだ時間がかかりそうですが、楽しみですね。

スポンサーリンク


■車の買い替えを検討中の方へ。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None