スポンサーリンク


日産、デイズルークスのマイナーチェンジ情報をお伝えします。

三菱、ekスペースも同時にマイナーチェンジされるため、あわせてお伝えします。

■発売時期

デイズルークス、ekスペースのマイナーチェンジは2016年12月21日です。

当初、2016年上半期にモデルチェンジされる予定でしたが、燃費不正問題により大きく遅れることになりました。

■デザイン

デイズルークス、elkスペース共にデザインが変更されます。

デイズルークス
roox3.jpg

デイズルークスハイウェイスター
roox4.jpg

リヤ
roox5.jpg出典日産

フロントグリルにはVモーションが採用され、日産車としての統一感を図っています。

ekスペース
ek1.jpg出典三菱

ekスペースカスタム
eks2.jpg出典三菱

こちらは、特にカスタムの変更が大きく、フロントに太いメッキバーを4本配置し、迫力のあるデザインに仕上がっています。

■カラーラインナップ

新型デイズルークスは、モノトーン、2トンカラー合わせて20色の豊富なカラーラインナップになりました。

<モノトーン>
・プレミアムサンシャインオレンジ
・ブロッサムピンク
・アイスブルー
・オーシャンブルー
・スカーレット
・レモンライム
・ホワイトパール
・クールシルバー
・チタニウムグレー
・ブラック
・スパークリングレッド
・モカブラウン
・ピンクゴールド
・プレミアムパープル

<ツートンカラー>
エアグレー×レモンライム
・エアグレー×プレミアムサンシャインオレンジ
・ブロッサムピンク×ホワイトパール
・ホワイトパール×ブラック
・スパークリングレッド×ブラック
・オーシャンブルー×ホワイトパール

■燃費

燃費は、ターボモデルで若干改善されました。

デイズルークス、ekスペースターボモデルの燃費は、0.2km/Lアップして、22.2km/Lになりました。 NAモデルの燃費は従来と同じく22.0km/Lなので、ターボモデルのほうが燃費が良いという珍しいことになっています。

■安全機能

デイズに続いて、オートマチックハイビームがデイズルークスにも搭載されます。

また、上位グレードにはクルーズコントロールも搭載されます。

更に、ekスペースにもアラウンドビューモニターが標準装備されます。
アラウンドビューモニターは日産がアピールしている技術のため、これまでデイズルークスにしか搭載されていませんでしたが、ようやく開放されたようですね。

■快適装備

快適装備として、
・スピード消臭シート
・ナノイー搭載の天井サーキュレーター
・高性能エアコンフィルター
・断熱ルーフ
が追加されます。

燃費で遅れを取っている分、安全機能、快適装備、カラーの豊富さなど燃費以外の部分がをアピールすることになりそうです。

スポンサーリンク


■新型デイズルークスを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None