スポンサーリンク


スズキから、新型車、バレーノが発売されます。

バレーノは、スイフトよりも一回り大きいハッチバック車です。
早速、紹介していきましょう。

■発売日
スズキ、バレーノの発売時期は、2016年3月9日です。

■デザイン

エクステリア
bareno.jpg

インテリア
bareno2.jpg

CM動画も公開されました。


インテリアは、比較的すっきりしたデザインで、特に高級感を追求した車ではなさそうです。

■パワートレイン
パワートレインは、直3、1.0L直噴ターボエンジンと、1.2Lデュアルジェットエンジンの2種類あります。

ターボエンジンの最高出力は111ps
マイルドハイブリッドの最高出力は94psです。

ターボ車は、ハイオク仕様となります。

その他、1.2Lのマイルドハイブリッドでないモデルもありますが、日本では発売されません。

■サイズ
サイズは、全長3,995mm×全幅1,745mm×全高1,470mmと、3ナンバーサイズです。

通常、このクラスの車は国内では5ナンバーであることが普通です。
バレーノは、全長だけ見るとアクアやフィットなどのコンパクトカーサイズです。
いかに全幅だけ大きいかが分かるでしょう。

■燃費
1.2Lマイルドハイブリッド車は24.6km/L

1.0Lターボ車は、20.0km/Lです。

■価格
1.2Lマイルドハイブリッド車は142万円

1.0Lターボ車は、162万円~です。

■カラー
・プレミアムシルバーメタリック
・アークティックホワイトパール
・ミッドナイトブラックパール
・アーバンブルーパールメタリック
・ファイヤーレッド
・オータムオレンジパールメタリック
・レイブルーパールメタリック 以上7色です。

■生産
このバレーノは、インドで生産されたものを逆輸入する形になります。
こういった海外生産の車では、日産マーチや、三菱ミラージュがありますが、どれも不振ですね。
また、3ナンバーサイズであることからも、さほど売れないのでは?と余計な心配をしてしまいます。

スズキとしては、スイフトの一つ上のクラスという位置づけのようです。

仮に売れなかったとしても、主戦場はインドのようですから、一度投入してみよう。というチャレンジ精神からなのでしょう。
好調な企業ならではですね。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。

スポンサーリンク


■バレーノを検討中の方へ。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!
査定をするなら、以下のリンクからお願いします。
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None