スポンサーリンク


スズキ、スペーシアのマイナーチェンジ版から、「デュアルカメラブレーキサポート」という機能が搭載されます。

spacia.jpg

デュアルカメラブレーキサポートとは、レーダーブレーキサポートに変わるスズキの新しい安全装備の名前なのですが、機能は大幅に向上していますので、ここでしょうかいしましょう。

デュアルカメラブレーキサポートとは、フロントガラス上部に設置されたステレオカメラによって前方の車両及び歩行者を検知し、衝突の防止、被害の軽減を図るシステムです。

主な機能は、
・前方衝突警報機能
5km/h~100km/hで走行中、前方の車両等と衝突の可能性が有る場合、ブザーとメーター内の表示で警告します。

・前方衝突警報ブレーキ機能
5km/h~100km/hで走行中、前方の車両等との衝突の可能性が高いと判断した場合、自動的に弱いブレーキをかけて衝突回避を促します。

・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
10km/h~100km/hで走行中、前方の車両等との衝突の可能性が高いと判断し、運転者が強くブレーキを踏んだ場合、制動力を高めて衝突の回避を図ります。

・自動ブレーキ機能
5km/h~100km/hで走行中、前方との衝突が避けられない場合、自動的に強いブレーキをかけます。
前方が車の場合、約50km/h以下、前方が歩行者の場合、約30km/h以下であれば、衝突を回避できる可能性があります。

その他、新型スペーシアには、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能が搭載されます。

ステレオカメラによる監視ということで、スバルのアイサイトに近い性能になっているのでしょうか。
あとは、価格面が気になるところです。

新型スペーシアのマイナーチェンジ情報については、こちらの記事をご覧ください。
スペーシア マイナーチェンジ 5月19日に?【S-エネチャージ搭載】

■無料一括見積もりサイトの紹介です。
全120社以上の中から、最高額で買い取ってくれる買取店を探せるサイトです。
入力は、1分程度なので、是非一度試してみてください。
一例として、プリウスなら、45万円も高い査定が付きました!



スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None