スポンサーリンク


2015年4月から、軽自動車税が増税になるのと同時に、エコカー減税も見直しがされます。

例えば、車体重量1.5トンの乗用車であれば、
現在は、14.4km/Lを基準(2015年度目標)として、20%以上上回っていれば自動車取得税が免税、10%以上上回っていれば80%減税、基準を達成していれば、60%減税というようになっています。

現在は、免税車種が結構ありますよね。

これが、4月からは基準の燃費が17.6km/L(2020年度目標)に引き上げられた上で、減税額が細分化され、基準が厳しくなります。

2020年度目標を20%達成で、重量税100%免税・取得税100%免税
2020年度目標を10%達成で、重量税75%減税・取得税80%減税
2020年度目標を達成で、重量税50%・取得税60%減税
2015年度目標を10%達成で、重量税25%減税・取得税40%減税
2015年度目標を5%達成で、量税20%減税・取得税20%減税

こういう感じになります。

これにより、増税となる車種が結構出てきそうです。

プリウスやアクア、フィットハイブリッドなどハイブリッドカーや、アルトなど、燃費でトップ争いをしているようなクルマは引き続き免税対象となりそうですが、フィットでもガソリン車は免税ではなく減税となるようです。

prius_20150207160808bf5.jpg

ハイブリッドカーは引き続き免税対象となる車が多いですが、セレナなど、おまけ的なハイブリッドシステムを搭載する車は、免税から減税に変わるようですね。

車種をすべて載せるわけにも行きまえんので、詳しくはディーラーにおたずねください。
これからは、更にハイブリッドカーに人気が集中してきそうですね。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None