スポンサーリンク


ホンダ、N-BOXが、2015年2月5日にマイナーチェンジされます。

今回のマイナーチェンジは、装備の充実が中心で、軽の高級車的立ち位置を強めます。

現時点で判明している、マイナーチェンジの変更点を紹介していきましょう。

デザイン面では、
・メッキの追加による質感の向上
・フォグランプ、ポジションランプにLED採用
・メーターデザイン変更
・ハーフレザーシートの採用

nbox_2015020513584485b.jpg

装備の面では、

・後席シートスライド機構
・後席ブラインド
・オートリトラクタブルミラー
・ワンタッチウインカー

以上のようになっています。

特に、後席シートスライド機構はライバル車にはあってN-BOXにはないものでしたので、今回のマイナーチェンジの目玉になりそうです。
ただし、メーカーオプションで+32,400円かかるようです。

ディーラー情報によると、N-BOXは人気なので、発売後では、年度内納車は無理だろうということです。

3月一杯までに納車したい方は、前持っての予約が必須のようですね。

燃費や価格など、新しい情報が入りましたら、また更新します。

※追記 本日2月5日、予定通りマイナーチェンジが実施されました!
変更箇所一覧を貼り付けておきますね。

<主な変更内容>
○エクステリア・インテリアデザイン
・ベースモデルはより親しみやすく上質に、カスタムモデルはより重厚感のある外観にデザインを変更
・「N-BOX カスタム」と、「N-BOX + カスタム」のターボ車のインテリアに合皮コンビシートを採用し、さらに質感を向上
・カスタムモデルのターボ車に、LEDポジションランプとLEDフォグライトを標準設定

○使い勝手の向上 ・スライド機能を新たに加えたHonda独自の「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付)」(N-BOXにメーカーオプション設定)
・ちょっとした小物やペットボトルが置け、買い物袋をかけられるコンビニフックが付いた「シートバックテーブル」(スライドリアシートとセットでのメーカーオプション設定)

○快適装備
・紫外線(UV)を約99%カット※3し、赤外線(IR)も抑える「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロントコーナー/フロントドア)」をタイプ別に設定
・日差しのまぶしさをやわらげプライバシーの保護にも役立つ「ロールサンシェード(リアドア)」をタイプ別に設定
・ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」(メーカーオプション設定、カスタムモデルには標準設定)

○燃費性能
燃費を25.6km/L※4(JC08モード)に向上。

○カラーバリエーション
プレミアムピンク・パール(ベースモデル)およびプレミアムベルベットパープル・パール(カスタムモデル)の2種類の新色を追加。
2トーンカラースタイルに、ブラウンルーフ(ベースモデル)とシルバールーフ(カスタムモデル)を新たに設定。


価格は、N-BOXが127万円~、N-BOXカスタムが152万円~となっています。

装備の面では、ライバル車に引けを取らなくなりましたね。
燃費をもう少し頑張って欲しいところですが、ライバル車よりもパワーがあるのでそれでヨシ。ということでしょう。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None