さて、立て続けに新型アルトの情報をお伝えしてきましたが、今回は少しマニアックな話をしてみます。

今回の新型アルトには、5AGSというミッションを採用したグレードが存在します。

5AGSとは・・・聞きなれない単語ですが、5速オートギアシフトの略で、5MTをベースに、クラッチやシフト動作を自動で行ってくれるシステムです。

スポンサーリンク


それってオートマじゃん!!と思われたかもしれません。
実際、AT限定免許でも運転出来ますし、大まかにはオートマのくくりに入りますが細かい仕組みが違います。

alto4_2014121614425506a.jpg

現在一般的なオートマ車は、CVTと呼ばれる無段変速機か、トルクコンバータ式と呼ばれる物がほとんどです。
これらは、トルクコンバーターという機械を介して変速を行う訳ですが、この5AGSは内部的な仕組みも5MT車に大変近いということです。

スズキのHPでは、通常のATと比べ、走破性能、登坂性能、燃費性能、静粛性能が優れいていると謳われています。

この5AGSが搭載されるのは、「アルトF」のみ。つまり、最下位グレードのみです。
スズキの本音としては、CVTを搭載するよりも安価に仕上げられるから。といったこともあるでしょうか。

その他のグレードでは、CVT搭載となっています。

この5AGS、走り重視の新型アルトワークスにこそ向いているような気がするのですが、果たして搭載されるのでしょうか。
もちろん、MTにも期待ですけどね。

その辺も、追ってお伝えします。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None