前回に引き続き、新型アルファード・ヴェルファイアハイブリッドの燃費と最新装備の解説をしていきます。

前回のアルファードハイブリッドの燃費の記事をご覧頂いている方は、新型ヴェルファイアも燃費は同じですので、装備の解説のところまで読み飛ばしてくださいね。

早速いきましょう。

スポンサーリンク


新型ヴェルファイア 燃費
2.5Lガソリン車
11.6km/L(アイドリングストップ非搭載)
12.8km/L(アイドリングストップ搭載)

3.5Lガソリン車
9.5km/L

2.5Lハイブリッド車
19.4km/L。

ここまでは、前回の記事でも紹介しました。

vellfire7.jpg

さて、ここから、前回の記事で羅列した最新装備の機能を解説していきましょう。

■世界初
・助手席スーパーロングスライドシート
1160mmのスライドは世界最大です。

・インテリジェントパーキングアシスト2
超音波センサーとカメラを併用し、切り返しなどを伴う駐車も半自動で行います。

・シースルービュー
運転席から車両全体を透視しているようなイメージで車体を捉えることができます。

・スマートエントリー&スタートシステム
キーを持ったまま車両に近づくだけで、スライドドアが自動でオープンする機能が世界初です。

■トヨタ初
・ルーフカラーイルミネーション
16色のカラーイルミネーション。

・エグゼクティブラウンジシート
エグゼクティブパワーシートの上をゆく、最上級のシート。

・12.1型リアシートエンターテイメントシステム
リア用の大型液晶画面。

・レーダークルズコントロール(全車速追従機能付き)
0km/hでの停止保持機能を搭載。

・LEDコーナリングランプ
ウインカーやステアリングの動作に連動して、進行方向を照らします。

・巻き込み警報機能
クリアランスソナーにより、巻き込みの危険がある際に警報します。

以上のような感じです。
発売が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None