ダイハツから、コペン第2弾、コペンXPLAYが11月19日に発売されました。

コペンクロスという XPLAYとは、Extra playからの造語で、もっと楽しいという意味合いだそうです。
既存の、コペンローブとの違いも含めて、最新情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


まずは、デザインから。
copenxplay.jpg

コンセプトカーのコペンクロスほぼそのままのデザインで登場させてきました。

コペンxplayは、コペンローブと骨格や足回りなど基本的な構造は同じで、デザイン上の違いのみとなっています。

カラーは全8色。
ブラックマイカメタリックのみが無料の基本色で、後は全て有料色となっています。

・ブラックマイカメタリック
・トニコオレンジメタリック(+54,000円)
・ジョーヌイエロー(+54,000円)
・ブライトシルバーメタリック(+54,000円)
・オフビートカーキメタリック(+54,000円)
・マタドールレッドパール(+64,800円)
・クリアブルークリスタルメタリック(+64,800円)
・パールホワイトⅢ(+64,800円)

以上8色です。

価格は、CVTが1,798,200円で、5MTが1,819,800円と、コペンローブと全く同じです。

コペン、XPLAYのカタログは、既に配布が始まっているようですので気になる方はディーラーへ足をお運び下さい。

更に、初代を彷彿とさせる丸目のコペンの情報も、続けてお伝えします。

■なんと、、、コペンxplayからは丸目コペンへ着せ替えはできないのか・・・?詳細は以下の記事で。
新型コペン 丸目バージョンの着せ替えはローブのみ?発売日は・・・?


スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None