11月10日、ホンダは、新型高級車「レジェンド」を発表しました。

レジェンドといえば、2012年まで販売されていたホンダのフラッグシップサルーンですが、今回、ハイブリッド専用車として復活することになりました。

スポンサーリンク


今回は、ハイブリッド専用車として生まれ変わったレジェンドの魅力を徹底的に解説します。

まず、ハイブリッドシステムは、V6、3.5Lエンジンと、フロントに1つ、リアに2つの3モーターを組み合わせた新開発のハイブリッドシステム。

システム出力は382psにもなり、V8エンジンを搭載する、レクサスLS460の392psに迫る数値となっています。
モーターの特性により、加速性能ではレクサスLSを凌ぐことでしょう。
それでいて、燃費は16.8km/Lと、LSの倍の数値です。

デザインは、こんな感じ。
legend4.jpg

ヘッドライトには、複雑なカットが施されており、昼間でも美しく輝くそうです。
カラーラインナップは、全6色。
・ホワイトオーキッド・パール
・スーパープラチナ・メタリック
・グラファイトラスター・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・ポメグラネイト・パール
・ギルネッドビューター・メタリック

先進技術としては、「ホンダセンシング」を搭載。
・衝突軽減ブレーキシステム
・路外逸脱抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・車線維持支援システム
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
・標識認識機能
・誤発進抑制機能
・先行車発信お知らせ機能

を備えています。

高級車として必須の、後席の「おもてなし」に関しては、リア電動サンシェイドや、リアアームレスト内蔵コントロールパネルを備えます。

サイズは、全長4,995×全幅1,890×全高1,480mm。
価格は680万円~。
発売日は、2015年1月22日と発表されています。

ホンダとしては、クラウンマジェスタや、レクサスGS、LSの対抗車種として、月300台の販売を見込んでいます。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None