以前の記事で、カローラフィールダーのマイナーチェンジ情報をお伝えしましたが、今回はその追加情報です。

以前の記事では、発売時期は2014年中になるとお伝えしましたが、どうやら2015年にずれ込みそうです。

スポンサーリンク


今回お伝えしたいのは、デザインの変更と、1.5L新型エンジンの採用です。

まず、デザインの面では、先日マイナーチェンジされた新型ヴィッツの様な、グリルを大きく開け、釣り目気味の、「キーンルック」と呼ばれるフロントマスクになります。

vitz5.jpg

続いて、新型エンジン。
ヴィッツでは、1.3Lのエンジンが新型となり、25km/Lを達成しましたが、
カローラでは、1.5Lエンジンが新型となり、22.5km/L程度の燃費になると予想されています。

燃費向上の仕組みは、ヴィッツなどと同じで、アトキンソンサイクル化、クールドEGR、VVT-iEなどの採用により、燃費が向上します。

ハイブリッドのエンジンは、現行と変わらず、ハイブリッドのエンジンに手が加えられるのは、新型プリウスからになると見られています。

また、詳しい価格などの情報が入りましたらお伝えします。

スポンサーリンク


関連記事
 カテゴリ
 タグ
None